スポーツをすると脳が活性化されます

運動会のシーズンになると、学校の授業でスポーツをする機会が増えます。
スポーツを子供に教えると脳も活性化されるので、スポーツをしたあとに勉強をすると、新しい単語を覚えることができたり、今まで解けなかった問題が簡単に解けるよになります。
勉強だけを教えていると、子供の集中力が途切れてしまうので、気分転換として外で運動をさせてから机に向かわせると、自分のペースで勉強に集中することができます。
スポーツをさせるときは、運動神経の良し悪しにはこだわらないようにしましょう。
運動をしているだけで脳に回転が速くなるので、運動をする時間を増やして教育をしたほうが、スポーツをしたあとに何をしたら良いのか自分なりに判断して行動に移すことができるようになります。
運動に慣れてきたら上達を目的としてスポーツをする頻度を増やしましょう。
運動量を増やすことで、脳の神経回路をたくさん作ることができて、運動のセンスが身に付きます。