幼児教育で聞く力を育てる重要性

幼児期は様々な経験から多くの刺激を受けて、生きるための基礎力を育てる大切な時期です。
その中でも幼児の教育で力を入れたいことの一つに聞く力を育てることがあげられます。
聞いたことを理解するには、相手の話に注意深く耳を傾けることが必要になるので集中力が養われます。
相手の話すことを理解するために、状況を思い浮かべることで想像力が豊かになり、相手の立場になって気持ちに共感しようとすることで思いやりの心が育ちます。
また聞くことによって言葉を覚えるので語彙力がつきます。
語彙が増えると相手に自分の思ったことを上手く伝えられるようになります。
覚えた言葉を使っていくうちに話すことが上達し、会話が成立するようになるのでコミュニケーション能力が養われていきます。
それによって人との関わりもスムーズになるので社会性も身につきます。
聞く力を育てることによって上達した会話による言語能力は、読解力や文章を書くことの基礎であり学業のすべての土台でもあるので、就学してからの学習にも効果が期待できます。